天草引越しセンター

値段だけで判断すると…

引っ越しを引っ越し業者に依頼をすると、少なくとも5万円はかかり、大きな出費となります。
ファミリーのように荷物が多くなるほど、そして距離が遠くなるほど、引っ越し費用は大きくなります。
新しい賃貸住宅に越すのであれば、敷金礼金、仲介手数料などで数十万円必要になり、引っ越し費用はできるだけ抑えたい!と思うのではないでしょうか。
引っ越し費用の相場というものは決まっていますが、見積に来る人、引っ越しをする時期によって、同じ量、同じ距離でも費用に大きな差があります。
新年度が始まる3月などは、引っ越しをする人も多く、どうしても高くついてしまいます。
もちろん、どうしても新年度に引っ越さなければならない場合は仕方がないですが、時期を選べるのでしたら閑散期を狙って引っ越しを検討してみましょう。
希望の引っ越し費用を低めに提示することも値引きのコツとなります。
相場では7万円はかかるところを、大げさに5万円が予算だと伝えると、できる限り値引きをしてくれます。

 

 

また、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼し、引っ越し費用の比較をすることも大切です。
見積に来られた際には、他業者にも見積もりを依頼していることを伝え、見積が出ている場合はその費用を提示すると値引きしてもらえる場合もあります。
ただし、多少高くてもサービスが充実している場合もあるので、プラン内容もじっくりと比較するとよいでしょう。

引越し屋さん同士で私をめぐって…!?

引っ越しの一括見積をネットで申し込んだところ、いっせいに業者から電話の嵐。
一つずつ見積もりの日時を決めていったのですが、どこも一番に話をしたいようでした。
そこで同時に来てもらって、引っ越しを控えた私の部屋では引越し屋さん同士が顔を合わせるという気まずい事態に。
互いに交渉の金額を探り合って、自社のメリットをマシンガントークで交互に私にぶつけてきました。
私がうっかり片方の交渉金額を口走ってしまうと「言わないでくださいよー」と笑顔。しかし目が笑っていません。
そしてさらに値下げ合戦は激化。今すぐうちに決めてくれたらここまで下げるからと両社とも破格の金額を提示
より安いほうにお願いして片方には帰ってもらいました。
負けたほうは、私が迷っている最中、あれだけ食い下がってきたのに「僕も忙しいんで」と冷たい一言。
買ったほうの社員さんはニコニコ顔で「それでは詳しいお話を」と我が物顔でリビングを占拠しました。
そして一応、と置いていった他社の見積もりを、私に断って覗き見して驚いていました。
「十万は切らないって言ってたのに!」「社長、A社10万切ってきましたよ」とすぐさま本社に敵情報告。
安くなったのはうれしいけど、修羅場の渦中に立たされた気分でハラハラしました!

 


参考:引っ越し安い:https://xn--n8jt61k2hcht1e.net/